元・高速バス乗りの市内バス運転手のそこらへん


by saru_oh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

帰郷

思い付きで昨日から帰郷中。

引っ越してから3ヶ月目にして初めての帰郷。
もう少し懐かしいかな~と思っていたが3ヶ月ぐらいではたいした感慨もなく。

久々の筈の実家もいつもどおりの帰宅って感じで…
家族はそうではないらしく姉貴の旦那まで含めて全員勢ぞろい。

今日は今日で、前の会社の仲間が急遽集まってくれて宴会。
幹事はピヨピヨ。
急な話だったのに5人も集まってくれて嬉しかった。
俺が辞めてからの話や、俺の新天地での話などで盛り上がる。

実家からほとんど離れて暮らしたことがなかった俺だが、
この歳になって初めて故郷って物を得た気がした。
故郷っていいもんだ。

明日はもう帰らなければならない。
今度はもっとちゃんと休みを取って帰ってこようと思う。
[PR]
# by saru_oh | 2007-05-24 23:34

おっきなわぁ~

行ってきました、沖縄!
これで全県制覇!

まずは飛行機で沖縄入り。
沖縄唯一の鉄道「ゆいレール」に乗る。
b0063820_0272449.jpg
日本最西端の駅。ゆいレール那覇空港駅。
b0063820_0285135.jpg
ゆいレールはモノレールなのです。

ホテルのある国際通りへ行くため牧志で下車。
b0063820_0321626.jpg
国際通り。夜になれば通りは観光客でいっぱいになる。

初日はホテルに入りゆっくりして終わる。
二日目がメインイベントの平和行進。
これについては書き出したらキリが無いので多くは書かないが、
暑かった。いや、熱かった。
結局20キロ近く歩きヘトヘトな上に日焼けヒリヒリでホテルに戻ってバタンキュー。
二日目終了。

最終日の三日目は朝から戦跡めぐり。
この歳になってから戦跡をめぐると色々な物が見えてくる。
自分が今までに学んだ事や体験した事を踏まえて
これからの自分が何を出来るかを考えさせられた。
ああいう所は修学旅行とか浮ついた気持ちで行くよりも、
大人になってから行くべきだ。

b0063820_046241.jpg
b0063820_0464224.jpg
b0063820_0465923.jpg

b0063820_049283.jpg


今回は残念ながら遊びで行った訳では無かったが、
自分の為になる事が多い良い旅だった。

次回こそは海に…
[PR]
# by saru_oh | 2007-05-17 00:50
突然だが、明日から二泊三日で沖縄に行く事になった。

47都道府県のうち唯一行った事がない県。それが沖縄。
もう楽しみで仕方が無い!!!

だが、残念ながら遊びに行くのではなく会社の組合の青年部の動員で
沖縄平和行進に参加するのだ。

去年参加した先輩の話によると三日間で50キロくらい歩くらしい…
よって遊ぶ暇もなく、夜はバタンキューになること必至。

それでも楽しみ。
行った事が無い土地に行くのはワクワクするもんだ。

とりあえず今回は「青い空」と「照りつける太陽」だけ体験してこよう。
[PR]
# by saru_oh | 2007-05-10 15:47

2度ある事は3度ある。

また原因不明の水温計上昇。
念入りに点検して、水量も異常なく水漏れも無かった。
なのに、レッドゾーンを指す水温計と鳴り響く警告音。

幸運だったのは終点でお客様が降りた後だった事。
途中で水温計の異常な上昇に気付き、騙し騙し走った甲斐があった。

故障を折り返し場の発車係さんに報告して、
発車係さんが営業所に電話で連絡。

突如電話していた発車係さんがキレ始めた。
「あぁん?走れない状態だから連絡してんだろうが!
これで発車させてバスが燃えでもしてお客さんが怪我したらどうするんだよ!」
どうやら、営業所の操車係がそのままもう一往復走れと言ったらしい。
「いいから代車とっとと持って来い!」(ガチャン!)
発車係さんに惚れたね。

発車係さんの指示で俺のダイヤは俺の次に発車の予定だった先輩が繰り上がって発車。
程なく代車が到着し、繰り上がって先に発車してくれた先輩のダイヤで無事発車。

あぁ、もういい加減に故障は勘弁。
次は俺もキレるかも。
仏の顔も三度。
[PR]
# by saru_oh | 2007-05-08 17:31

連日の故障

今日はなんと、げんたまさんが俺のバスに乗りに来て下さった。

KS駅からKC駅行きの急行の発車時間をメールでお知らせしたら、
都合を合わせて乗りに来て下さった。

いろんなお話とかもしたかったのだが、
今回はバスに乗っていただくだけで終わってしまった。
残念。
次回はゆっくりお話したいものだ。

KC駅でげんたまさんとお別れ。
今頃は恐らく夜行バスで夢の中だろう。

折り返しのKS駅行き。
定刻で発車して、3つ目のバス停で初老の男性が
料金機に500円玉を入れた。
我が社のバスは料金機はつり銭方式で運賃は200円であるから、
300円のつり銭が出なければならない。
が、しかし機械がウンともスンとも言わない。
しまいにゃ機械が知恵熱でも出したのかヒューズが飛んだ。
これでは現金はおろかカードもICも受け付けない。
もう、終了・・・

しかし、幸運にもそれ以降は定期券のお客様しか御乗車されなかった。
車庫に帰って、修理に出す。
原因は効果金種判別装置のセンサーの汚れorz

ホントこのところなにかと問題のある車ばかり回ってくる…

明日はまともなバスでありますように…
[PR]
# by saru_oh | 2007-05-06 00:09

故障

今日はKC線の中休ダイヤ。

朝出勤して、車を点検。
全て異状なし。
点呼を受けて運用についた。

何事もなく運行してKC駅で折り返して、
KD駅に差し掛かった時にふと水温計に目をやると
なんと、レッドゾーンぎりぎりではないか!
点検したときは冷却水は満タンだったのに・・・

終点KS駅まではまだ30分位走らなければならない。
俺は迷った。
ここで営業所に連絡して代車を持ってきてもらうかどうか。
もちろんそうなれば運行は打ち切りになり、
お客様には後続の車に乗り換えて頂かなければならない。

ここで俺は自分の今までの経験に賭けた。
シフトアップとシフトダウンを早めにして
エンジンに負担をかけないように、なおかつ冷却ファンをたくさん回す走りをして
行ける所まで行こうと考えた。

その甲斐あって水温計の動きは止まった。
KS駅に到着後、折待ち時間を利用して車庫へGO
エンジンを調べて貰ったがやはり冷却水は満タンだった。
原因が分からないため車両交換。

今の会社は前の会社に比べて新しい車が多いので多少安心していたのだが、
その考えは改めなければならないようだ。
日常点検はもちろん、トラブルが起きた時の対処法を
常にシミュレーションして、もしもの時に慌てない様にしなければならない。

何はともあれ、今日は今までの経験が役に立って良かった。
[PR]
# by saru_oh | 2007-05-04 18:58

再会

今日は公休。

前の会社でお世話になっていたKちゃん先輩が夜行便でこちらに来ていると聞き
宿舎のホテルまで遊びに行った。

Kちゃん先輩と会うのはたったの2ヶ月ぶり。
だけどとても懐かしかった。

前の会社の現状や俺の会社の現状など話は尽きない。

Kちゃん先輩の部屋で話していると、
これまたお世話になっていたH生さんが登場。
Kちゃん先輩のペアで来ていたようだ。

久々の再会に盛り上がっていると時間があっという間に過ぎてしまう。
まだまだ積もる話はあったが、発車時間が来てしまいターミナルまで見送りに行った。
久々に見る前の会社のバスに懐かしさがこみ上げる。
それと同時にこの場所で前の会社のバスを見ると何か不思議な気持ちになった。

21:00定刻
GWだけあって満席のお客様を乗せてKちゃん先輩とH生さんは発車。
1200キロ、14時間の長旅御安全に!
[PR]
# by saru_oh | 2007-05-03 23:03

やっと

ネットが開通!
昨日、正規職員の辞令が発令されたこともあり、
やっと新生活が軌道に乗った。

結局、引っ越してから2ヶ月かかったよ…

生活も落ち着き、仕事も上手くいきはじめた。
本当の新生活はこれからだ!
[PR]
# by saru_oh | 2007-05-02 15:13

通常モード

昨日は破廉恥祭りでドン引きした皆様お元気ですか?
今日は反省して通常モードのさるおうです。



今日の昼下がりの事。
住宅地から駅に向かう路線で、途中のバス停から
若いお母さんがベビーカーに赤ちゃんを乗せて乗ってきた。
赤ちゃんは最初眠っていたようだが、
バスの揺れが気に入らないのか(俺の運転が下手糞なのか?)グズりはじめてしまった。
お母さんも必死にあやしていたが、効果無く
もう泣いちゃうかなぁ~と思っていると
近くの席に座っていた初老の女性があやし始めた。
つられるように周りのお客様も一緒になってあやし始める。
その甲斐があって赤ちゃんはご機嫌に!

その後、車内にはほんわかした空気が流れ、
赤ちゃんをあやしに掛かっていたお客様同士の
「ウチの子も昔はあんなに小さくて可愛かったのに…」とか
「孫がゴールデンウィークに遊びに来るのが楽しみ」
とか言う会話が聞こえて来た。


ここにも確実に人生の交差点があった。
だからバスの運転士は辞められない。

確かに、嫌なお客様やムカッと来るお客様もいるけど、
それらのお客様にだってそれぞれの人生があって、それぞれの物語がある。
お客様の想い、人生、物語を乗せて繋いでゆく。
それがバス運転士という仕事の魅力であり、俺がハンドルを握る理由。

だから嫌なお客様やムカッと来るお客様に出くわした時には、
それを思い出すようにしている。
[PR]
# by saru_oh | 2007-04-24 01:47

春の破廉恥祭り

あひゃひゃ!
さるおう@破廉恥大魔王です。

ひょんな事から破廉恥大魔王の名前を頂いてしまいました。
自分だって沈下丸とか言ってたくせに…

いや、いいんです。
破廉恥なのは否定出来ませんから。
ただ責めてカタカナ表記でライトなイメージを持たせて欲しかった。
漢字で破廉恥とか…


まるでエロまっしぐら…


ええ、もうエロまっしぐらでもいいんですよ。
どうせ俺は後天的Mだし、
職名もMだからいいのですよ。
ドSだったのは昔の話。
丸くなる過程で突き抜けてMになっちまったよ。



で、なにが言いたいのかって?
恋愛は惚れた方が負け。



♪~妄想がは・び・こ・る~♪



たまには壊れてみるのもいいなアヒャヒャ








いや、皆さんマジですんません。
また明日から元に戻ります。
[PR]
# by saru_oh | 2007-04-23 00:50