元・高速バス乗りの市内バス運転手のそこらへん


by saru_oh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

思い出ボロボロ ‐その2‐

思い出ボロボロ ‐その1‐の続きです。

めでたく大型二種免許を取得した俺は正社員に採用され、
バス運転士としての基礎を叩き込まれるべく自動車教習所(通称:Y刑務所)に入所した。
ここで2週間強の泊り込み教習を受ける。(休みは日曜のみで土曜の教習終了後家に帰る)

初日の9時から入所式。
偉いさんの挨拶のあと、担任を紹介された。
ニコニコしながら、「君達は我社の将来を…」云々と社交辞令的な挨拶。
お?けっこういい人かも…と思っていたのだが、
入所式が終わって偉いさんが退室した途端、担任から笑顔が消え
呼び方も「君達」から「貴様達」になった。

後から聞いた話では、この教官が一番厳しくて有名だったのだ。
そのお陰で鍛えられて、今では感謝さえしているのだが当時は嫌で仕方なかった。

全てが自衛隊方式。
よって、全てが連帯責任。
同期は14人居たが、1人がミスすれば全員にとばっちり。
ベッドのシーツにシワが一つでもあれば全員やり直し。
スリッパの並びが悪ければ説教。
挨拶、点呼の声が小さければ永遠にやり直し。
外での移動は常に駆け足。etc・・・

ホントとんでもない会社に入ってしまったと消灯後同期みんなで話し合ったものだ。

教習の内容は、
第一週
1~3日目:運賃、マイク案内、車両構造などについての座学。
4~5日目:車両点検のやり方。(タイムを決められていて、全員そのタイムを切るまで続く)
6日目:教習場内で走行訓練。

第二週:所外に出て走行訓練。走行中のマイク案内訓練(ここで初めてバスで公道を走る事になる。)

第三週
1~2日目:所外訓練、チェーン訓練
3日目:卒業式

一日の流れは
7時起床
7時20分 点呼、ラジオ体操(+マラソンの時も有り)
8時~ 朝食
9時~ 教習
12時~ 昼食
13時~ 教習  
18時~ 夕食
21時点呼
22時消灯

って、感じだったと思う。
記憶があやふやな部分もあるのでご勘弁を。
また、最近ではかなり教習所の教官も優しいらしい。
俺の時代では教習所にいるウチに辞めてしまう奴もいたくらいだったが…
会社側もさすがにそれではまずいと思ったのだろう。

しかし、あの厳しさの中で培った同期の絆は強く、
あいにく全員別々の営業所になってしまったものの
年一回は全員集まって飲み会を開いている。
仲間と助け合っていくという精神を養うには、あの環境は良かったと言える。


と、ここまででやっとバス運転士の卵の出来上がり。

教習所を卒業する頃には、配属される営業所も決まり
卒業式の翌日からは営業所で空車に乗って2~3日路線教習を受けヒヨコになり、
さらに指導運転士の見習いになって実車で1~2週間訓練を受け独り立ち。

桜舞う4月に免許を取り、独り立ちしたのは木々も青々としてきた6月だった。


つづく???
[PR]
by saru_oh | 2007-01-30 03:12