元・高速バス乗りの市内バス運転手のそこらへん


by saru_oh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

夜行バスの運転

※これは未熟な俺の運転の仕方だから、ベテランさんと違うかも。参考程度で…


夜行バスの大前提はお客様に寝てもらうこと。
急発進、急加速なんて問題外の外。
発進時にクラッチ雑につないでガタガタ言わせるのも×
エンジン音を煩く感じさせないために早めのシフトアップを心掛ける。
以前書いたように、車線変更は10秒かける。
他にも一杯有る気がするけど、あんまり思い出せない。


休憩、車両点検で停車したSAから発車する際の例。

まず、その前に駐車する際は大型車の駐車スペースは避けるようにしている。
大型車の駐車スペースは轍が出来やすい為、バスが揺れてお客様を起こしてしまうからだ。

2速で動き始めてタイヤが2回転位したら3速へ
20キロくらいで4速、そのまま本線への合流車線へ
40キロくらいで5速へ入れ緩やかに加速しながら本線へ合流。
(これは、車が少ない夜だから出来る事で昼間やったら追突される危険性大)
60キロくらいまで加速したら6速へ入れまた緩やかに100キロまで加速してその後は巡航。

って書いてみたら分かり難い文章だな。マジ文才ないな俺。
でもせっかく書いたから消さない。

減速する際だが、足ブレーキを使わない運転をする人が上手いと思ってる人がいる。
しかし、俺(と俺の師匠)は夜行バスに限ってはそう思わない。
まず最初に足ブレーキを踏む、次に排気ブレーキを入れて同時に足ブレーキを緩める。
足ブレーキの方が微調整が効くので乗っている方は何のショックも感じない。
これが、いきなり排気ブレーキを入れてしまうと車によってはショックを感じてしまうのだ。
排気ブレーキを切る時は逆の要領で切ると同時に足ブレーキを強める。
こうして滑らかに停車して駐車する時のサイドブレーキにも気を使う。

ホイールパーク式サイドブレーキ(エアでブシューッて言うヤツね)の場合
勢いよく引くとエアーの音でお客様が目を覚ましてしまうので、
音がしないように少しづつ少しづつ上げていく。


だんだん書いてて訳分かんなくなってきた。

とにかく夜行バスを運転する時はあの手この手を使って
お客様に眠っていただく努力をしているのです(なんだそりゃ・・・)
[PR]
by saru_oh | 2006-12-05 20:56